新着情報News

ホーム > お知らせ > 【初めてのハセツネ】~road to HASETSUNE~71.5km

マラソンや帰宅ランなど、さまざまにランニングを楽しんでいるRECSメンバーですが 今回はトレイルランの雄とも言うべき【日本山岳耐久レース 長谷川恒男Cup】に初出走した3人の体験レポートです!                                                                                                                               【Y.I】さんの場合                                                                                                         エントリーした動機は元々ロードレースよりトレイルランに興味があり、フルマラソンすら長く感じていたので一気にロングトレイルに出走して自分に自信をつけよう!ということでエントリーを決断。初めてのロングトレイル。夜間走行への興味と不安が入り混じる中スタートを迎える。今まで走った最長距離は42.195kmの私ですが「気合と根性で完走!」を目標に走りはじめ第一関門に到着した頃にはヘッドライトを付けて辺りはすでに真っ暗。そこからはほとんどサバイバル状態となり、コースから外れて倒木を枕に仮眠をとるも数分後には寒すぎて起床、温まるために走り出す。ほとんどこれの繰り返しでなんとか第二関門に到着。この時点で関門打ち切りの20分前。そこからは今でも記憶があやふやなくらい死に物狂いに進んでおり、第三関門を通過する頃には登山客とすれ違う朝になっていた。登山客からは「おはようございまーす」と挨拶され、そこでようやく「あっ。かれこれ20時間走ってる。」と自覚するような状態だったが、フィニッシュ地点には多くの方からたくさんの声援を送っていただき、他の大会とは違う達成感を味わいながらのフィニッシュとなりました。元々私は陸上競技出身ではないので走ることに自信はなかったものの学生時代にラグビーで培った根性と大会エントリーが決まってから始めた帰宅ランの成果を出そうと無我夢中に脚を前に進めなんとか制限時間内に完走することに成功しました。二年前に計測メンバーとして第一関門を担当し、計測機材を背負いながら登山したことを思い出し二年後そのレースに出走している自分が信じられない状況ではあるが、今回のように業務する中で出会った大会に出場するという環境もこの仕事ならではと感じました。                                                                                                                             【M.F】さんの場合                                                                                                             岩場に手をかけながら山を登り、崖に面しているところは鎖をたどって歩き。約22時間かけて、71.5kmの山道を泥だらけで登ったり降ったりしてたどりついたゴールでは嬉しさを抑えきれず、腕を大きく伸ばしてガッツポーズをしてしまいました。トレラン経験1度の私が完走できた要因は、第2関門の月夜見山で1時間寝たことだと思います。体験したことのないアップダウンと食べ物を胃が受け付けないなかで体力が消耗し、足を引きずりながら第2関門まで到着。着いた瞬間、睡魔が襲い掛かり、アスファルトに倒れこんでしまいました。気がつけば1時間経過。予定よりも滞在時間が長くなってしまったことに焦りましたが、身体は軽いし、おにぎりも食べれる。 寝たことによって身体の調子を一度リセットできました。南国鹿児島育ちで寒がりの私は、「山の中で寝るなんてありえない」と思っていましたが、他のランナーも寝ている人がたくさんいて、レース中に十分休むことは完走に不可欠だと実感しました。普段はマラソン大会でランナーがつける計測タグの管理を担当しています。マラソンではいかに早く走れるかということを意識しますが、今回はいままで走ったこと無い距離を自分の脚で到達できた記録が残っていることが嬉しかったです。ランナーの努力の証を確実に取得できるように、計測タグの品質管理を一層高めていこうと思いました。                                         【T.Y】さんの場合                                                                                                             レックスに配属されて約一年、今回初めて自身が事前データ処理した大会に出場する事となり、全ての準備を終えてスタートラインに立った時は非常に感慨深いものがありました。そんな気持ちの中走り始め、前半は周りの風景や他の参加者との会話を楽しむ余裕もあり、第一関門はほぼ予定通りのタイムで通過できましたが、第一関門過ぎの下りでバランスを崩しまさかの捻挫。そこからが私にとっての本当の山岳耐久レースの始まりでした・・・捻挫した直後は症状が悪化しない事を祈りつつ様子を見ながら走り続けましたが次第に痛みが強くなってきたため持参したテーピングで固定。その後は痛みが増す足と残り時間を天秤にかけながら、完走できると思えるギリギリのスピードで歩を進めていきました。しかしながら、夜が明けた頃にはゆっくりと歩く事しか出来なくなり、50km地点に到着した時点で制限時間内での完走は難しいと判断し無念のリタイア。これまで出場した他のレースではリタイアした事が無かっただけに、今回のリタイアは非常に悔しいものでしたが、過酷なレースを通して「限りない自己への挑戦」というコンセプトを持つハセツネカップの奥深さを感じる良い経験となりました。この雪辱を晴らすべくトレーニングを積み来年また挑戦したいと思います。                                                                                                                                                   完走できたり、無念のリタイアだったり…それぞれのはじめてのハセツネでしたが、各々が普段感じられない事や体験を通じて、いつもの業務への視線も変わったようです!ロードでもトレイルでも「走る」体験を通じてランナーの気持ちに1歩でも2歩でも寄り添えるようなRECSのサービスをこれからも目指していきます!                                                                                           ハセツネ集合写真
ピックアップ情報
RUNNET
RUNNET FOR ORGANIZER
R-bies
RUNNERS S TIMING