新着情報News

ホーム > お知らせ > 雨や日照りとの戦いはランナー同様! 柴又100K、31地点の計測業務

6月5日(日)、ランナーズグループが企画・運営を行う「柴又100K ~東京⇔埼玉⇔茨城の道~」が開催され、RECSがタイム計測を担当しました。このレースは、柴又公園をスタートして江戸川を上流に向けて走り、茨城県五霞町で折り返す100kmのウルトラマラソンです。制限時間は15時間。完走を目指すランナー同様、我々RECSスタッフも一日がかりの業務となります。                                                                                                                                                                           「柴又100K」のタイム計測の特徴は、31地点という計測ポイントの多さです。スタートから80kmまでは5kmごとに、80kmから90kmは2.5kmごと、91kmからフィニッシュまでは1kmごとに計測マットを設置し、ランナーの通過タイムを記録します。一般的なフルマラソンの大会では11地点、同じ100kmマラソンの「サロマ湖100km(6月26日開催)」の15地点と比較すると2倍以上です。この地点数の多さは、細かなラップタイムをランナーに提供するだけではなく、より正確な情報提供で「応援ナビ」や「ランナーズアップデート」といった参加者以外の人も楽しめるサービスにも寄与しています。                                                                                                                                                                                                                                                                   当日の朝の天気は雨。各計測ポイントでランナーのタイムを取得するためのマットを設置し、記録を集約する本部との通信を行います。タイム計測には精密機器を使用しているため、雨は最大の天敵。素早く機材を設置し、濡れないように処置します。10時ごろに雨は止みましたが、今度は日が照り始めて気温が上昇。精密機器は高温にも弱い為、雨避けのビニールはすぐさま外して、すだれで日よけを作り風通しをよくします。万全の環境を整えて臨むことに全神経を注ぎます。                                                                                                                                                                   朝早くにスタートして、夕暮れ時から夜にかけてフィニッシュ地点に辿り着くウルトラマラソン。10時間以上走り続けるランナーには、天候や気温の変化と向き合う準備が求められます。これは、タイム計測を行う我々RECSも同じこと。雨・風・日照りとどんな環境の中でも、記録の取得率を落とさない工夫を現場のRECSスタッフたちは行っています。ランナーの走った軌跡をどんなときでも漏れなく取得できるようたゆまぬ努力を続けてまいります!                                                                                                                                                                       図7
ピックアップ情報
RUNNET
RUNNET FOR ORGANIZER
R-bies
RUNNERS S TIMING